みんなのクラT

のデザインの著作権問題

デザインの著作権問題

デザインの著作権問題 クラスTシャツを作成する際には著作権に注意する必要があります。漫画やアニメに登場するキャラクターやアーティストの歌詞・曲名を許可なく使用することはできません。また、Tシャツを作成してくれる業者も、著作権侵害の可能性がある依頼は許可を得ていることを証明できない限り引き受けてくれません。
それでは、元から存在している著作物に似せたものを作成して使用するのは問題ないのかというと、元となる著作物との類似性が明らかである場合は同様に許可が必要です。類似性が認められるか否かの感じ方は人によって異なるため、明確な定義をするのが難しい所ではありますが、不安な場合は権利者に問い合わせて確認を取っておくと安心です。その他にも、販売や商業利用ではなく個人で使用するのであれば著作権は関係ないという人もいますが、無断での使用は個人であっても権利侵害とみなされます。以上のことから、クラスTシャツを作る際は著作物を避けるか、必ず許可を取るようにすることでトラブルが起こるのを避けることができます。

サッカーのユニフォーム風のクラスTシャツが人気

サッカーのユニフォーム風のクラスTシャツが人気 クラスTシャツを制作するのなら、なるべくその後も着られるデザインのものの方が良いでしょう。学校行事はたくさんあり、そのたびにTシャツを製作しているのではお金もかかってしまうからです。特に高校生はアルバイトなどをしていない生徒も多く、金銭的負担が大きくなると、保護者からのクレームがある場合もあります。
そこで近年は、サッカーのユニフォーム風のクラスTシャツの人気があります。このようなTシャツは、日常でもとても着やすいのです。体育の時間はもちろん、体育祭や球技大会でも着回すことができます。シンプルなデザインならば、その格好でも外出できることも魅力の一つでしょう。1着製作すればそのクラスが終わるまで着用できるため、活躍する機会が多く経済的なのです。また、他のクラスと差別化出来るところもポイントです。さらに、サッカーのユニフォーム風ならば普通のTシャツよりも丈夫にできているので、劣化もしにくいといえます。

Copyright © 2017 みんなのクラT all rights reserved.